top
Scientific Issues and Emerging Challenges for Radiological Protection (Japanese version) - 放射線防護における科学的問題と新たな課題
Report of the Expert Group on the Implications of Radiological Protection Science
Japanese, 120 pages, published: 11/05/09
NEA#6876, ISBN: 978-92-64-99099-9
Available online at: http://www.oecd-nea.org/rp/reports/2009/nea6876-scientific-issues-jap.pdf

Other language(s):
- English: Scientific Issues and Emerging Challenges for Radiological Protection 
- Français: EGIS - Scientific Issues and Emerging Challenges for Radiological Protection (French version) 
放射線防護における科学的問題と新たな課題

科学的知見は、更に進化したテクノロジーが利用可能になるよう常に発展しており、より綿密な研究が実施されている。政策を決定し得る新たな研究成果である将来的な意味合い内容が提示され、1998年、NEAの放射線防護公共保健委員会(CRPPH)では放射線防護科学分野において最先端の研究調査を実施した。この調査は、放射線防護の現システムが科学的理解に支えられていることを示唆しており、様々な分野における知見の増大は、政策、規制に多大なインパクトを与える。10年後においても、CRPPHは再度、最先端の研究調査を繰り返し行い続け、先の結論を明確にする。

このレポートは放射線防護科学の最新のCRPPHアセスメントの結論を要約している。特に、個別機微な、標的とされていない知見、遅れた影響が、過去10年間に多大な改善をされ続けてきたことを説明している。それらは、まだこれらの分野である種非科学的であるにも関わらず、多くの最近の研究や調査を基に、レポートでは政策決定者や規制権者はこれから数年の研究から得られるであろう可能なインパクトを考えるべきだと堅調に示している。更に、レポートは政策選択においてより直接的インパクトを持つ科学的疑問に対し、より決定的な回答をするためにサポートされるべき研究分野を扱っている。